弁護士にカードローンについて相談したい場合どうすればいい?

10年近くカードローンを利用し、いろいろな会社から借入をしました。少額づつですがまだ返済途中のところもあります。過払い金の請求ができることを知って過払い金請求をしたいと思うのですが、弁護士に相談したほうがいいのでしょうか。その際にお金はかかりますか。

相談だけなら無料でやってくれるところもあります

過払い金請求ですか。一時まるでブームのように過払い金請求していた時期がありましたが、最近では過払い金が発生するような昔に借入した人が少なくなったようです。過払い金請求に関して調べましたか。誰でも過払い金が発生しているわけではありませんよ。現在の法律による金利の上限よりも多い金利で支払をしていた場合に限り最低限の金利にひき直しての返済が認められています。まずは自分に過払い金があるのかどうかを調べる必要がありますが、まず借入先から過去の取引履歴を取り寄せなければなりません。それを見れば当時の金利がわかるはずです。

過払い金があるということを確認できたのならそれを現在の金利にひき直す必要があります。この計算方法は確かネットを検索すれば出てきた気がします。いかに多くの人が過払い金請求をしようとしているかというのがわかります。ただ、いくら計算方法を知ったからといって素人が手続きをするのはちょっと難しいかなと思います。弁護士に相談してみてはどうでしょうか。借金問題を専門に扱っている弁護士事務所もありますし、相談だけなら無料というところもあります。それにその後の手続きも弁護士を通した方がスムーズにいくというのを聞いたことがあります。素人だとなかなか対応してもらえないというケースもあります。

弁護士が過払い金の請求の通知をカードローン会社に送った時点でいったん全ての返済業務がストップします。その後、すんなり過払い金の請求を受け入れてもらえない場合は裁判ということになりますが、通常あまりもめることもなく満額返済してもらえるようです。質問者様の借入状況というのはわかりませんが、もし返済がとても厳しいのであれば過払い金請求ができない場合でも債務整理や特定調停があります。それぞれメリットデメリットがありますのでどのような方法を選べばいいのか弁護士に相談しましょう。自己破産はあくまでも最終手段として考えておいた方がいいでしょう。一見自己破産は借金がゼロになるので手っ取り早いイメージがありますが、失うものも大きいです。

カードローンのトラブル、解決できない時には弁護士に頼る方法も!

カードローンは、普通に利用している分にはトラブルになることはそう考えられません。カードローン会社はお金を貸すことで経営を成り立たせていますから、きちんとしたルールの下で運営されています。ルールを破ってしまえばその会社は評判が悪くなりますし、場合によっては法的な処罰を受けることもありますからね。そうなると不利になるのはカードローン会社の方です。

そのため、正式に登録をしている業者から借り入れをする際には、それほど心配することはありません。もしトラブルがあるとすれば、それは正規ではない業者から借りてしまった場合か、もしくはお金の借り過ぎでもうどうやっても返済ができなくなってしまった場合かが考えられます。それから、過払いの請求に関して弁護士の手を借りることも考えられますね。それでは、それぞれの場合についてどのような対応ができるか見てみましょう。

まずは、正規ではない業者から借り入れをしてしまった場合です。その際には様々なトラブルが予想できるのですが、まずは返済できなかった時の取り立てについてです。正規の業者は貸金業法の定めに従っており、早朝や夜の取り立て、大声を上げたり他人に借金の存在をばらしたりするような取り立て、何度も職場に電話をするようなやり方などはしないものです。

しかし、正規ではない業者は取りたての際にこのような行為を行う可能性があります。そのような時には、そういった行為をやめるよう内容証明の郵便物などを用いて通告するという対処法があるのですが、素人がよくわからないまま行うと逆に取り立てを悪質化させてしまう可能性もあるので、弁護士の手を借りて行うというわけです。また、詐欺などに遭った場合も相談することで解決できる可能性もあります。

次に、返済できなくなってしまった場合について考えてみたいと思います。この場合、債務整理を行うことによって生活を立て直すことができる可能性があります。もう、どうやっても支払うことのできない借金を、法的な手段を用いて整理したり免除してもらったりするやり方が債務整理なのですが、その手続きは複雑で素人が行うには難しい内容となっています。

また、自分でしようと思っても債務者との交渉が上手く行かないこともあります。そこで、債権者との交渉を弁護士に行ってもらったり、裁判所での手続きを代行してもらったりすることができます。

最後に過払い請求に関してです。これは、過去の借金を返済する中で法律に定められている以上の金利を支払った可能性のある人が、その金利分を取り戻すことを言います。特に何度も借り入れや返済を繰り返している場合、その計算はとても複雑になっています。そのため、自分で行うことは不可能なこともあります。そこで、その計算や業者との交渉を弁護士に行ってもらうという方法が考えられるのです。

以上のように、カードローンを利用する中でどうにもならないことがあった場合、自分で何とかしようと思ってもできないこともあります。そのような時には弁護士などプロの手を借りることも解決の一因となるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 簡単にお金を借りる方法なら\コチラ\!親切対応業者一覧! All Rights Reserved.